日本の大地で培われて来た日本人の感性を原点とするデザイン創造集団


by j-sense
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:□代表者丸谷博男の紹介( 1 )

f0155409_1657483.jpgf0155409_1743360.jpgf0155409_1744453.jpgj-sense代表
1級建築士事務所(株)エーアンドエーセントラル( Arts and Architecture) 代表
NPO梅ヶ丘アートセンターフェローシップ代表
クラフトセンタージャパン評議委員/日本クラフトデザイン協会会員
住所/〒155-0033東京都世田谷区代田3-48-5
tel03-3419-5247 fax03-3419-3194
e-mail h.maruya@a-and-a.net

1948年9月山梨県に生まれる。両親は樺太生まれ。本籍は石川県羽咋郡。
東京芸術大学美術学部建築科および大学院卒業

芸大奥村研究室、藤木研究室にて建築設計・家具デザイン、エアコンディションニング術を学ぶ。また、環境共生、太陽熱の利用などに取り組み続け、常に先進的なプロジェクトに取り組む。実家でもあった「大泉学園の家Ⅰ」はOMソーラーシステムの日本で最初の実験ハウス。この家を原点にOMソーラーの開発が始まった。

東京芸術大学・千葉大学非常勤講師として設計術、素材と造形論を伝える。
ものづくりの広場・ギャラリーを運営する「NPO梅ヶ丘アートセンターフェローシップ」代表を勤め、全国の産地や工芸家とのネットッワークをもつ。

最近はコミュニティの大切さを説き,向こう三軒両隣,300年住宅などさまざまなプロジェクトを提案している。
関東においては高齢者施設(グループホーム+デイケアセンター)に取り組んでいる。
九州においては、医療福祉施設・環境共生住宅づくりに取り組む。
北海道、青森においては、「北のデザイン」を提唱しデザイン講座を取り組む。

Home archiシリーズはコンサルタントとして松下電工と約10年間取り組んで来たもの。
灯りの原点、主張しない照明器具を提案し続けている。
日本のGooddesign賞、ドイツのif賞2007金賞を受賞している。
まさに、j-senseの世界発信である。

□著書/「住まいのアイデアスケッチ集」「家づくりを成功させる本」「設備から考える住宅の設計」「実践木造住宅のディテール」「家づくり100の心得」(いづれも彰国社刊)
「男と女の建築家が語る家づくりの物語」(工業調査会刊)

□代表作品/大泉学園の家Ⅰ、環境共生住宅「ひまわりの家」、宮城野山荘,吉井町の家、ソロ照葉、桜坂の家Ⅱ、千葉大学ケミレスタウンプロジェクトハウスほか
[PR]
by j-sense | 2007-09-15 16:57 | □代表者丸谷博男の紹介