日本の大地で培われて来た日本人の感性を原点とするデザイン創造集団


by j-sense
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:□「re-design」研究会( 1 )

f0155409_15372443.jpg

私たちは、消費型の現代社会にあって
いいものをもっと良くして使い続ける方法を  
研究し 提案し 提供して行きます。

「Re-design」は、
小物から家具、道具、自動車、そして住宅や施設建築にまでに適合する共通した概念です。
世界中で生まれて来たさまざまなモノ。優れたデザインのものもたくさんありました。そして失われたものもたくさんありました。私たちは、それらに注目し、「Re-design」することによって再生復活していくプロジェクトを立ち上げました。それが、j-sense「Re-design」研究会なのです。
私たちは次のようなプロジェクトを提案しています。

1.醤油差しや調味料入れ、カトラリー、コップなどテーブル回りの小物を「Re-design」します。
2.椅子やキャビネットの家具を
  「Re-design」します。
3.ちゃぶ台や座椅子など現代だからこそ使いたい伝統的な家具を「Re-design」します。
4.既存の住宅や施設建築を
  「Re-design」します。
5.世界的の巨匠建築家たちの名作を
  「Re-design」します。
  アルバー・アールトのマイレア邸、ル・コルビュジェのサボア邸、フラン
  ク・ロイド・ライトのジェイコブズ邸やローレント邸、吉村順三の森の家
  などを
  「Re-design」します。
  北海道の大地にこれらの建築が連なると、自ずとそこには世界の名作建築
  の野外ミュージアムが誕生することになります。

このような趣旨でj-sense「Re-design」研究会を進めて行きます。
興味のある方は、気軽にご参加ください。楽しみながら、喜びながら汗をかく.これが私の研究会のモットーです。

j-sense「Re-design」研究会 
■j-sense札幌〒065-0013 札幌市東区北13条東1丁目1-10
tel011-826-5080 fax011-826-5081
[PR]
by j-sense | 2007-10-14 11:23 | □「re-design」研究会