日本の大地で培われて来た日本人の感性を原点とするデザイン創造集団


by j-sense
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

■「ガードフェース」by明光建商

□熱的欠点を補う手法・・・遮熱コーティングにより、断熱性を高める。
1.冷暖房費15%以上削減。
夏の窓から入る直射熱が室内で6~8℃下がります。
部屋全体では2℃前後の省エネ効果があります。エアコン設定1℃の差で約10%の節電効果(東京電力調べ)
2.耐久性10年以上持続。
3.費用は約5年で償却。


・有害な光線をカットする
1.遠赤外線カット・・・冬の暖房熱を室外に逃がしません。
2.近赤外線カット・・・夏の人が暑いと感じる光熱を吸収します。
3.紫外線カット・・・お肌をを守ります。室内のカーテン、じゅうたん等の日焼けによる変色・劣化を防ぎます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
項目                        3㎜フロートガラス+断熱ガラスガード3㎜フロートガラス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
可視光透過率%                      77         90
日射透過率%                       56         85
日射反射率%                      5.6        7.7
日射熱収得率                      0.69       0.88
遮蔽係数                        0.78       1.00
紫外線透過率%                    41.6       71.4
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■「エアプロット」 by ゼンワールド

□紫外線を活用する手法・・・紫外線と白金担持超光触媒コーティングにより、空気の清浄化をはかる。
・ アレルゲン、花粉症の原因物質を分解する
・ シックハウスの揮発性原因物質を分解する
・ アトピー性皮膚炎の原因物質を分解する
・ 喘息の原因を分解する
・ タバコや建材などの臭いを分解する

光触媒とは、「光が当たると触媒機能を発揮する物質」です。太陽の紫外線の力を利用して、揮発性有機化合物を安全かつ容易に還元することができる、環境に優しい働きをします。

≪エアープロットは白金と二酸化チタンの合金で他社に無い光触媒効力を発揮させました≫
一般的な光触媒現象では、酸化チタンに紫外線が照射された際に、表面に電子と正孔が生成することによって活性を発揮しますが、この電子と正孔は一定の割合で再結合し、活性を低下させる原因となります。
ところが、ここで白金微粒子を担持させた場合、白金微粒子の集電効果で電子を引き寄せることにより、電子と正孔の再結合を抑制し、効率良く触媒活性を発揮させることができます。
f0155409_856425.jpg
f0155409_8561486.jpg
f0155409_8562370.jpg
f0155409_8563210.jpg
f0155409_8564118.gif

■触媒“白金”の偉大さ

プラチナという名でなじみのある白金は貴金属として重要なものだが,科学的な見地からもいろいろな用途に使える大変価値ある物質である.
白金は銀白色の金属で,装飾品としての価値の高い金属である.その大きな理由は反応性の低さにある.銀ならば体内のイオウと非常に反応しやすく,しかもイオウと反応すると黒く変色してしまうが,白金は絶対にイオウと反応することはなく,ほぼ永遠に美しさを保つことができるため,特に肌に直接触れるような指輪などの装飾品として価値がある.

白金は自分自身は他と反応しにくいが,自分自身は変化しないで他のものを反応させる不思議な力をもつ金属である.その例が白金の触媒性能である.触媒とは,物質を活性化する働きがあり,温度を上げなくても反応を進行させることができ,反応式には出てこないが,反応には必要なものである.

現在,触媒用としての白金は主に,車の排気ガス浄化用に利用されている.排気ガスは,有害な各種ガスを含み,濃度・温度が様々に変化するが,排ガス中のNOx は酸化雰囲気では白金触媒上で酸化され,還元雰囲気では,白金触媒上で還元ガス(CO,HC など)と反応し,窒素に還元される.白金触媒上での酸化と還元を行うことにより,有害な NOx,CO,HC を無害な物質にし浄化しているのである.浄化率は新品では90 %もある。

また今一番話題なのが燃料電池用触媒として使われる白金である.燃料電池では2 つの電極のことを燃料極と空気極と呼んでいる.図2に示すように燃料極に水素,空気極に酸素を供給する.燃料極では水素をイオン化し,水素イオンと電子にする必要がある.物質は通常,簡単にはイオン化しないが,白金などの触媒を塗布した電極上で,水素は水素イオンと電子になる.水素イオンは電解質を通って空気極に,電子は外部回路を流れて空気極に移動し,それによって電流が発生する.空気極では,酸素と水素イオンと電子が白金触媒上で反応し水となる.
現在もっとも効率よく触媒の働きをするのが,白金なのである.人間に有害な物質を浄化したり,エネルギ−のクリ−ン化に役に立ってくれる白金だが,問題はコストと埋蔵量である.表1のように価格は銀の100倍を超え,金よりも高い.現在ではまだ年間使用量が少ないため200年くらいもつ計算だが,もしも金なみに使われ始めたらあと数十年しかもたないといわれている。

白金はおもに南アフリカで産出されているが現在約1/4は車用に使用されている.
白金は,このように高価なため代替材料がいろいろ検討されている.特に燃料電池が市場に普及するかどうかは,触媒“白金”に代わるコストの安い代替材料が見つけられるかどうかにかかっているといっても過言ではない.
白金は他にも高温に耐え,磨耗が少なく,しかも化学反応に強いという特性を活かして,いろいろの用途に使われており,白金は金属の王様といえる.(冷凍機分科会)

参考文献
*社会地球科学(岩波講座地球惑星化学14,1998 年)
**日本化学会編化学便覧,国立天文台編理科年表1999 年)
[PR]
by j-sense | 2008-07-08 08:34 | 手法❿ガラス面の短所長所
高気密住宅をつくる時に多くの建設会社が気密シートを室内に張り巡らして来ました。この気密シートはポリエチレン性でした。
冬は問題ないのですが、初夏には室内側の温度が室外より低いため結露することがありました。
現在では、こうした気密シートを使う事は大変危険だと気がつき、新しく開発された可変気密シートを使い始めています。
市販されているものにDUPONの「タイベック」ではなく「ザバーン」、ドイツ製の「インテロ」があります。

インテロの薄膜は、ポリエチレンコポリマから出来ています。薄膜は、周囲の湿気にアクティブに反応し、建築物理的な要求に応じた透湿抵抗性を発揮します。空気中の湿度が低くなる冬期には、sd値>10mという高い透湿抵抗値となり、夏期には空気中の湿度が高くなると、透湿抵抗値は、0.25mまで下がります。

f0155409_142319.jpg
f0155409_143881.jpg
f0155409_145294.jpg
f0155409_1569.jpg
f0155409_151912.jpg
f0155409_153567.jpg

[PR]
by j-sense | 2008-07-08 08:23 | 手法❻気密の落とし穴
驚きの文化財。デザインの宝庫!
モダニズムあり、カーテウォールあり、アールトデザインありとびっくりします。
建築デザインを学ぶものの素晴らしいテキストです。
とても感動いたしました。
f0155409_4247.jpg
f0155409_422434.jpg
f0155409_424522.jpg
f0155409_43336.jpg
f0155409_431837.jpg
f0155409_433328.jpg
f0155409_435061.jpg
f0155409_44550.jpg
f0155409_442070.jpg
f0155409_443752.jpg
f0155409_453858.jpg
f0155409_455590.jpg
f0155409_461437.jpg

[PR]
by j-sense | 2008-07-06 04:06 | 手法❹原風景を伝える