日本の大地で培われて来た日本人の感性を原点とするデザイン創造集団


by j-sense
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

札幌で雪国の楽しさを堪能したご一家が、突然福岡へ。そこで借りた家は住宅メーカの家。でも、とても寒かった。札幌の家はスェーデンハウスだった。そのギャップに驚いた。
そこで建築家を探す。温熱環境に長けている経験と後は感性が合うかどうか。
プロトハウスの桑原さんと懇談し、道が開けた。
f0155409_223469.jpg

屋根には、omソーラーが載っている。全館床暖房というか、温度差のない家ができた。
デザインは、オーソドックスで飽きないもの。それは、建て主も設計者の私も一致するところだった。
f0155409_22343868.jpg

物置とポストを兼ねたパネルは元気の出る「赤色」。この家のシンボルカラーとなった。
f0155409_22312684.jpg

f0155409_2229157.jpg

対面キッチンの問題は、手暗がりになること。とくに日当たりのいい南向きではいっそうのこと。
そこで、工夫したのがガラスブロックの手元隠し。ガラスブロックをどこかで使いたいと当初から思っていた奥様の願いがここで実った。デザインは、気遣いから。
f0155409_22335018.jpg

1階の床も、キッチンの家具もウォールナット材。クルミ材である。使えば使うほど味の出る木です。
f0155409_22351477.jpg

f0155409_223246.jpg

f0155409_22354863.jpg
f0155409_22322993.jpg

浴室、洗面所には裏動線がある。ここはテラコッタタイルが敷かれ室内の選択干し場にもなっている。
家事を気持ちよくできる世界が広がる。
f0155409_22324430.jpg

水回りには水に強いヒバをつかっている。明るく優しい感じが肌に優しい。
f0155409_22325866.jpg
f0155409_22331224.jpg

[PR]
by j-sense | 2008-12-25 22:30 | ■南のデザイン1「南風台の家」
北海道の建物の印象は「四角い箱」。
そこに四角い窓という穴があいている単純なカタチです。
せっかく広い土地に立っているのに、屋内と屋外との繋がりがほとんどないのです。
日本の住まいが世界に誇れる空間は内と外との間の空間の豊かさでした。
そこに奥深い味わいのある暮らしがありました。
内でもない外でもない空間です。
・ 内と外とをつなぐ「中間域」をつくる
濡れ縁、広縁、土庇、土間、サンルーム、温室(グリーンハウス)、ウッドデッキ、中庭、坪庭、パティオなどの空間が伝統的にありました。
こうしたものだけではなく屋上庭園など多様多彩な新しい表現方法をこれからも提案して行きます。
天井を外へ延ばす/床を外へ延ばす/壁を外へ延ばす/内外壁の仕上材や照明を一体化する。
f0155409_0284221.jpg

隣地との境は透けた垣根。それでも十分。
f0155409_0285457.jpg
ウッドデッキと透けた小屋が程よい居場所をつくってくれる。
f0155409_029849.jpg
楽しいホームパーティー、近所もすぐに仲良くなる。来客も近所の人と談笑する。
f0155409_0292098.jpg
隣のじいさんはせっせと芝刈りを。
f0155409_0293478.jpg
2階からの眺めも一体感。
f0155409_0294918.jpg
今と庭が一体感。
[PR]
by j-sense | 2008-12-08 04:04 | 手法❶開くデザイン