日本の大地で培われて来た日本人の感性を原点とするデザイン創造集団


by j-sense
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

j-sense300年住宅プロジェクト
福永博建築研究所+Arts and Architecture

2010年7月31日(土) 14:00~16:00
会場 : 梅ヶ丘アートセンター
(東京都世田谷区代田3-48-5 小田急線「梅ヶ丘駅」徒歩5分)
会費 : 1,000円 (資料代)
お申し込みは、エーアンドエーセントラル
(Tel : 03-5431-6030 または、E-mail : h.maruya@a-and-a.netまでお申し込みください)
■プログラム
国土交通省の平成21年度「長期優良住宅先導的モデル事業」採択
世代継承型マンション300年住宅プロジェクト
f0155409_1074838.jpg
の概要を紹介すると共に、
東京での賃貸住宅事例の報告を致します。
1.福岡で進行中のモデル事業の事例報告
2.東京でのオーナー住宅+賃貸住宅の事例
・阿佐ヶ谷M&Wコート
・成城学園Kビル
・杉並の木造三階共同住宅
3.質問と意見交換会
[PR]
by j-sense | 2010-07-08 10:07 | □300年住宅
■教養設備の立て配管が占有部分を貫く従来のマンション
一般的なマンションの図面を見ると、PSと表記される、壁に囲まれた小さな空間があります。これが排水管が収まるパイプシャフトです。従来のマンションは、パイプシャフトが専有部分を貫いているため、リフォームしにくく、また配管の点検等が不便でした。
■立て配管を外に出す(廊下側とバルコニー側の2カ所)
一般的なマンションの図面を見ると、PSと表記され、壁に囲まれた小さな空間があります。これが排水管が収まるパイプシャフトです。この排水管を玄関横とバルコニーの室外に移動させ、床下の横配管により浴室やキッチンとつないでいるため、水まわり設備も自由自在に動かせるようになりました。
■室内の横引き配管は、間仕切り壁に沿ってレイアウト
ブライト・サンリヤン 別府シールズの室内への横引き配管は、間仕切り壁の床下を通って枝管でキッチンや浴室、洗面室とつながります。将来、間取りを変える場合は、枝別れした排水管をつなぎ変えるだけで、水まわり設備の位置を自由自在に変更することが可能です。


f0155409_9583514.gif


f0155409_9582160.jpg

■3〜4人家族の子育て世代
子ども部屋やプライベートルームが確保でき、和室を開放することでリビングに広がりが生まれる間取り。対面キッチンで家族とのコミュニケーションもとりやすい。

■子供たちが巣立ち夫婦二人でゆっくり
部屋数を減らして、主寝室に書斎として使える空間を確保。水廻りを自由に動かせるので、広々とした横長のリビングなど、ライフスタイルに合わせて間取りを変えられるのが大きな魅力です。
■マンションの「骨組み」と「室内」を別々に考えます
SI住宅(スケルトン・インフィル住宅)とは、建物の構造体を示す「スケルトン」と内装や生活設備、間取りなど専有空間の内側を示す「インフィル」を分けて設計された住宅のことをいいます。建物の構造体に制約されることなく、居住空間を自由に変更できる住宅であることを示します。


f0155409_958857.jpg


f0155409_9574699.jpg

[PR]
by j-sense | 2010-07-08 09:59 | □300年住宅
いよいよ、本格的に300年住宅仕様のマンションが目に見えるようになって来ました。
玄関脇、共用廊下側にあるパイプシャフトは、配管の交換が可能です。
普通は、このパイプシャフトが住戸の中にあるため、プライベートゾーンに入らないと工事ができないのです。
グレーの太い管が配水管、右側の予備のスリーブ(穴)が交換用のものです。f0155409_9202142.jpg
f0155409_920365.jpg
f0155409_9195037.jpg
f0155409_9193572.jpg
f0155409_918238.jpg

f0155409_9185445.jpg


f0155409_9175056.jpg
f0155409_9173363.jpg
南側のベランダと北側の廊下の腰壁はレンガです。
鉄筋が入っているため耐震性があり、長い月日にも美観的に耐えられるため塗装直しの問題はありません。メンテナンスフリーです。
鉄筋もタテヨコに通り安心です。
f0155409_917858.jpg
f0155409_9163944.jpg
f0155409_9162239.jpg
f0155409_9152968.jpg

f0155409_9151587.jpg
f0155409_9145849.jpg

バルコニーにも配水管を用意しています。
キッチンや、浴室やトイレがバルロニー側に配置された時に利用します。
という訳で、水まわりの配置が自由にできます。外が見える南側の浴室配置もできるという訳です。
リゾートホテルのような水まわりに改造できます。


























室内の配管も交換ができるように、床に点検用スペースがあります。
この部分のフローリングは、ねじ止めにしておき、いつでも工事ができるようにします。
美観的に気に入らない場合には、10年に一度のリフォームであれば、その時にはフローリングも交換する、あるいは、その時には切断するということで、下地だけはビス止めにしておきます。
300年住宅は、このように、暮らし手の考え方に対して、柔軟に対応できるのです。



玄関脇の黒い箱が、パイプシャフトです。ここはモデルなので箱にしていますが。
上の写真にあるように、原寸でシャフトをつくり工事サイドで、職人さんの仕事がしやすいように工夫を重ねています。
[PR]
by j-sense | 2010-07-08 09:21 | □300年住宅